ニゾラルシャンプーにはAGAを治すような成分は入っていません。しかし育毛・発毛しやすい頭皮環境を整えることは出来ます。

title

ニゾラルシャンプーでAGA治療?

ニゾラルシャンプーとは、Janssen Cilag社という企業で製造されており、医薬品として販売されている【ケトコナゾール】を有効成分として含む男女兼用の抗菌シャンプーの事です。

フケや痒み、加齢臭を予防してくれるシャンプーで、毛根や頭皮を清潔に保たせるシャンプーです。

直接的に、発毛効果が働くわけではありませんが、AGAの原因となっている【ジヒドロテストステロン】の働きを抑制させる効果があります。

また、毛髪の栄養源を食べて繁殖していく菌を除去する効果があります。

抗菌作用によって、フケや痒み(カビが原因で発生)を抑え、頭皮を清潔に保たせてくれることで発毛しやすい環境を整える働きを行います為、抜け毛の予防や育毛シャンプーとして使用するのに向いております。

ニゾラルシャンプーを長期間、継続して使い続けることによより、髪の毛の太さがミノキシジル(2%)の育毛剤を使用した場合と同じような太さになるということも言われております。

あくまでも、新しく発毛するわけではなく生えている髪の毛の成長を促がしてくれる育毛効果、頭皮環境設定、保護的な役割を果たします。

よって、ニゾラルシャンプーを使用することにより髪の毛が元気に丈夫に成長し、抜け毛に関わる原因を改善してくれるのです。

髪を生やすことは出来ない

ニゾラルシャンプーに含まれている有効成分は、ケトコナゾールという抗真菌作用のある成分ですので、発毛効果はありません。

真菌というカビの一種へ効果があり、皮膚の炎症やフケ、痒みの原因を抑える成分です。

頭皮の環境を整えることで、抜け毛の減少・毛髪の太さをアップ・皮脂の減少などの効果は見られますが発毛するわけではありません。

発毛効果が認めれているのは、ミノキシジルです。

ミノキシジルは、血管を拡張させる毛母細胞を活性化させます。血管が拡張することで栄養素が届きやすくなる為、発毛効果も促進されます。

髪の毛の生え際や、血液があまり流れていない届きにくい箇所へも効果がみられます。

発毛効果はミノキシジル、育毛効果はニゾラルシャンプーということです。

AGAについて

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略であり、【男性型脱毛症】のことをあらわします。男性の薄毛の90%がAGAが原因と言われております。

額や頭頂部が薄くなってきたり抜け毛が増える、毛が細くなる、髪の毛のコシがなくなる、地肌が目立ってしまうなどの症状が特徴です。

AGAは、男性ホルモンが原因であり、男性のみにみられる病気です。遺伝も関係しております。

発症年齢は、様々ですが早くて思春期を超えたあたりの10代でも現れます。

大きく分けると、10~30代の発症を【若年性脱毛症】、40~50代の発症を【壮年性脱毛症】となります。

AGAの原因は、男性ホルモンであるテストステロンが、5aリダクターゼ(酵素)により、ジヒドロテストステロンへ変換されてしまい毛乳頭細胞の受容体と結合して、毛髪の成長を阻害してしまうことが原因です。

テストステロンは、もともと有害なホルモンではないのですが、加齢などにより、少なくなってしまったテストステロンを守ろうと5aリダクターゼ(酵素)が働くことにより有害なジヒドロテストステロンへ変換させてしまいます。

ジヒドロテストステロンは、ヘアサイクルのなかの成長期を短くし、髪の毛がしっかりと成長しないまま抜けてしまう悪影響を与えます。

脱毛部分には、このジヒドロテストステロンがたくさん集中しており、明らかにジヒドロテストステロンが毛周期を乱しているのが原因だということわかります。

AGAは遺伝も関係している為、ご先祖様や家族・親戚の中に薄毛の人が多い場合は、5aリダクターゼ(酵素)を多くもっている体質、また男性ホルモンの受容体の感受性が高い体質が遺伝しAGAになっていると考えれます。

また、AGA【男性型脱毛症】は、進行していく病気の為、放置していても良くなることはありません。

進行性のため、昔に比べて抜け毛が多くなった・細い毛が増えた・髪の毛が伸びないなど、気になる症状があればいち早くAGA治療をすることが重要です。

AGAは、遺伝や男性ホルモンの影響以外に、生活習慣の乱れも要因のひとつになると言われています。

AGAの治療を始めるのでしたら、健康な状態でなければ意味がありません。

偏った食事や、喫煙、運動・睡眠不測、ストレス、運動不足、頻繁な飲酒など、体に悪影響を与える生活習慣だと代謝や血液の循環を悪くしてしまいます。

そのため、しかっりと毛根まで栄養を送り届けることもできなくなり髪の毛の生える力を弱めてしまいます。

AGA予防には一定の効果がある

AGAは予防をすることで、一定の効果があると報告されています。

その予防とは、まず生活習慣から見直すことです。

睡眠や食事は、髪へ栄養を届ける為に重要なことです。成長ホルモンは、睡眠時に分泌される為、睡眠がしっかりと取れていないと髪の成長もうまくいかなくて当然です。

22時から2時の間には、必ず寝るようにしましょう。

就寝前は、リラックスした状態で過ごし質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。ぎりぎりまでテレビや携帯電話を使用し刺激をあたえないようにして下さい。

また、食事は栄養素をしっかりと髪の毛まで届けるように、偏った物ばかりでなくバランスのとれた食事を取りましょう。

お酒やたばこも肝機能の低下や、血液の循環を悪くしたりと悪影響ばかりで髪の毛へも栄養がいきません。控えるようにしましょう。

生活習慣以外での予防としましては、育毛剤を続けて使用することです。

育毛剤は、血液の循環を良くしてくれたり頭皮へ栄養補給をしてくれます。

また、早期から使用することで効果がみられます。症状が進行してからでは、効果がえるのも遅くなってしまいます。

抜け毛が髪の毛の細さなどが気になり始めたら、直ぐに予防へ取り組むことをオススメします。

AGA治療薬との併用が最適

ニゾラルシャンプーは、育毛剤であり、発毛の効果がみられると言うわけではありません。

ニゾラルシャンプーの効果は、フケや痒み、加齢臭を予防して頭皮を清潔に保たせ、生えている髪の毛を太くしたり、抜けないように守る・育てるという役割なので、AGA治療のサポートをするものだと考えた方が良いでしょう。

生えている髪の毛を守る・育てる、頭髪部の頭皮を清潔に保たせ、頭皮環境を整えてサポートする役割ですのでAGA治療薬との併用が最適とオススメされています。

AGA治療薬とニゾラルシャンプーを併用し、ニゾラルシャンプーで頭皮の環境を清潔に整え育毛しながら、AGA治療薬を服用することで発毛効果も促がせるということです。

ニゾラルシャンプーと併用がおすすめのAGA治療薬

ニゾラルシャンプーとは、育毛に対し効果的と言われているシャンプーで、ケトコナゾールという有効成分が含まれており、ジヒドロステロンの働きを抑制させる効果があります。

有名なAGA治療薬のプロペシアなどに含まれているフィナステリドを有効成分として含むAGA治療薬と、同じ作用機序となっている為、併用して使用し続けることで育毛効果が高まるといわれております。

フィンペシアやプロペシアは、半年以上継続して使用することで、新たな太い毛が生えてきたりと発毛効果がみられるといわれております。

しかし、ニゾラルシャンプーは、直接的に発毛効果があるのではなく、あくまでも頭皮の環境を清潔に保って、髪の毛の成長しやすい環境を作り、髪の毛を抜けにくくしたり細くなってしまった髪の毛を太くしたりと育毛へ働きかける効果となっております。

フィナステリドや、ミノキシジルなどのような発毛効果はありませんが、ニゾラルシャンプーはAGA治療薬と併用して使用し続けることで、最適な環境の中で、発毛・育毛治療を行える為、オススメされています。

フィナステリドや、ミノキシジルなどを単独で使用するよりも、ニゾラルシャンプーと併用して使用するほうが効果が高いと報告されています。

プロペシア

プロペシアとは、アメリカのメルク社という企業が開発した、フィナステリドを有効成分とするAGA治療薬のことです。

AGA治療薬として、一番最初に販売されたお薬の為、世界での認知度がかなり高く、有名な治療薬で世界中で服用している方が多い商品です。

日本国内でも、2005年に厚生労働省に承認されているお薬です。

プロペシアを服用することで、5aリダクターゼ(酵素)の働きを抑制させ、ジヒドロテストステロンに変換するのを防いでくれます。

ヘアサイクルを整え、抜け毛などの症状の進行を遅らせる、また半年以上の長期投与することによって発毛効果へ期待ができます。

体質や体調にもよりますが、 生活習慣を整え継続して服用することにより髪の毛の成長期に合わせて、しっかりとした髪の毛が太く丈夫に生えてくるようです。

ザガーロ

ザガーロとは、グラクソ・スミスクライン社という企業により開発されたデュタステリドを有効成分とするAGA治療薬のことです。

2015年に承認されたばかりの比較的、新しいお薬です。

もともとは、AGA治療薬ではなく前立腺肥大症のお薬として服用されていたお薬です。

前立腺肥大症は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが関係しておこる疾患となっております。AGAと同じ作用機序となっていて、最近になりAGAへの効果もみられることが認められ製造されたようです。

デュタステリドは、ジヒドロテストステロンの働きを抑える力がある為、髪の毛のサイクルを取り戻し、しっかりと正しいサイクルで髪の毛が成長していくことができる為、髪の毛が太くなったり本数が増えてきたりと育毛の効果がみられるのです。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、もともとはAGA治療のためではなく、高血圧の方への治療薬として服用されていたお薬です。

血管を拡張させることによって、血圧を下げるメカニズムとなっております。

高血圧疾患の方が、服用していて副作用で多毛症となったことから発見されて製造されたお薬です。

ミノキシジルを服用することで、血管が拡張され血流がよくなり、毛根が活性化することで発毛効果がでてくるのです。

ザガーロやプロペシアは、男性ホルモンに関係する作用機序となっておりましたが、プロペシアは全く別で血流が活性化されることによってAGAの治療に繋がります。